奨学金が払えないので、任意整理をしました

奨学金が払えなくなりました。月々1万5千円くらいの負担でしたので、それだけならなんとかなりました。しかし、クレジットカードの支払いや、消費者金融からの借金もあって、総合的には、返済が困難となっていました。しかし奨学金には親が連帯保証人となっていますので、債務整理をすると問題がありました。
そこで、奨学金以外の借金を任意整理をしようと考えました。
奨学金についても、念のために返還猶予の制度を利用しました。
返還猶予の制度は、昔は5年までとなっていましたが、今は10年まで利用ができるようです。若いうちに猶予を利用するのはためらわれるかもしれませんが、むしろ若いうちに猶予を利用してしまったほうが、その後の人生のためになるような気がします。消費者金融とクレジット会社からの借金を任意整理をしたことで、奨学金が払えないという状況は改善できましたが次の年もまた返還猶予を利用しました。任意整理をすると、クレジットカードやローンが利用できなくなるので、貯金をたくさんしておく必要があるからです。3年後から、また奨学金を返済しはじめました。仕事もうまくいくようになり、現在は借金もないので、生活は安定しています。

休憩時間も含め勤務時間中は喫煙禁止…法的には問題ない? - BIGLOBEニュース
BIGLOBEニュース休憩時間も含め勤務時間中は喫煙禁止…法的には問題ない?BIGLOBEニュース勤務時間外にまで喫煙禁止とするのは私生活への干渉ですので、勤務時間外の喫煙によって勤務時間内の業務に重大な支障をきたす可能性が高い場合でもないと禁止できないのではと考えます。 *著者:弁護士冨本和男(法律事務所あすか。企業法務、債務整理、刑事弁護を ...and more »(続きを読む)