大金を賭けたギャンブルで借金総額500万円

学生時代からギャンブルが大好きでしたが自分では節度あるギャンブラーだと自負して居ました。
社会人になっても競輪競馬は止める気にはならず結婚してからも小遣いの範囲で楽しんで居ました。しかし競馬で少し大きく賭けた時に大穴が来てしまい100万円程の儲けが出ました。これには自分でもギャンブルの才能があるのではと思い次からは大金を賭けるようになって行ったのです。最初は数十万円から始まってどんどん負けが続いたので、少しずつ借金をしながら賭けるようになって行きました。キャッシングは借金だと思いつつ勝てば簡単に返済出来ると勘違いし始めて、限度額が一杯になって借金が出来なくなると友人や親や嫁までに嘘をついて借金をするようになって行きました。
兎に角その後は全て負けてしまい結局借金総額は500万円になって居ました。自分で計算出来る範囲でしたが多分もう少し上回って居たかもしれません。
結局職場にも嫁や両親にもばれてしまい、債務整理をして貰う事になりました
嫁は500万円と言う途方も無い額に呆れかえってしまい離婚を請求してきました。親からは感動宣言をされ帰る家はもう無くなりました。これから月々に僅かずつですがアルバイト生活をして返済して行くつもりです。
訴訟依頼を放置し判決文偽造 弁護士に有罪判決 - 毎日放送
毎日放送訴訟依頼を放置し判決文偽造 弁護士に有罪判決毎日放送兵庫県弁護士会の弁護士が訴訟依頼を放置し、それを隠すため判決文を偽造したとして有印公文書偽造などの罪に問われました。4日の判決で神戸地裁は弁護士に有罪判決を言い渡しました。 判決の直後、神戸地裁から出てきた弁護士の堀江幸弘被告(37)。 Q.判決を受け ...判決文偽造の弁護士に有罪「司法の信頼損なう」 神戸地裁 - 産経WEST産経ニュース判決文偽造し依頼者に渡す…弁護士に有罪判決 : 社会 : 読売新聞 ...読売新聞all 5 news articles »(続きを読む)